RFIDを活用した容器管理による、購入数量の最小化・少人化

更新日:2021年8月26日



容器管理を実施することで、どこに何個の容器が必要なのかを把握できるようになり、在庫が多い場合は不足している場所へ移動させることで必要最低限の数量の容器で運用することが可能になります。また数量が把握されていることで紛失防止にもつながります。しかし、移動し続けている容器の数量を正確に把握するのは容易ではありません


そこでRFIDを容器に取り付け、入出庫の際にRFIDを一括読取りすることで人手をかけずに流動している容器の数量を管理することが可能になります。


容器が足りなくて困る時がある、容器を毎月買い足ししているといった皆様に有用な仕組みです。ぜひ一度お問い合わせくださいませ。


お問い合わせはこちらより↓

https://www.g-streams.com/contactsolutions

閲覧数:228回0件のコメント